画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、室内

心理カウンセラーとして重症相談者にどう対応するか。

そもそも心理カウンセリングを治療と捉えるのか、生活支援とするのかは、流派によって異なる。

身体にも症状がある重症・難病などになると、要因も心理的なのか肉体的なのか、人間関係の問題なのかすら、判別は難しい。

(おそらく実際にはそのどれもが複雑に絡み合っている)

心理的な介入方法が思い当たらない重症ケースなら、心理からの治療は難しい。

また、心理的な治療が可能だと、セラピストが捉えても、それを本人が受け止めきれず、治療抵抗と呼ばれるもの(もう続けたくないという心理)も起きやすい。

実際にあったケースを基に、ロールプレイで具体的にやりとりした。

明らかな症状の改善よりも、先ずは僅かでも心に力を宿すためには、どんな概念や対応が必要なのか。

これがわかれば(できれば)、重傷者でも短期療法による対応ができる。

セラピストとしてのレベルアップは奥深い。

心匠セラピスト養成講座アドバンスコースより

* * * * * * * * * * * * * * * * *

次期、『心匠セラピスト養成講座』は2019年1月20日から開講致します。

ご興味をお持ち頂いた方は、こちらから詳細をご覧下さい。申込み前に無料個人面談も可能です。

http://communications.jp/program/shinsyo-therapist/

 

受講相談について

心を学ぶ講座など、本講座(複数回に及ぶ継続的な講座)の受講相談は、無料で提供させていただいております。

こちらの内容をご確認後、お問合せフォームからお願い致します。

無料受講相談